志賀原子力発電所

HOME > 原子力情報(原子力発電のしくみ)

原子力発電のしくみ


拡大図へ

沸騰水型原子力発電所のしくみ
 志賀原子力発電所では、原子炉圧力容器の中で水を直接沸騰させて蒸気を作る沸騰水型軽水炉(BWR)を採用しています。
 原子炉圧力容器の中には、ウラン燃料と水が入っており、ウランの核分裂によって発生した熱は、燃料棒の間を流れる水に伝えられ、水は高温・高圧の蒸気になります。この蒸気は主蒸気管によりタービンに導かれ、タービン・発電機を回して発電します。タービンを回したあとの蒸気は復水器で海水によって冷やされ水に戻り、原子炉給水ポンプで再び原子炉圧力容器の中へ送り込まれます。


このページのトップへ